RocBox

僕の大好きな音楽盤(CD)を紹介してます。 皆さんが持っている様なCDばかりを取り上げては、ただただその音楽盤を好きな事ばかり自負し続けていきます(陳謝)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かなり大きくなったMacy Gray

今日は通しでした、だから昨日は更新できなかった(悔)。
通しといっても朝の入荷が無い日だったので、いつもより2時間も遅めの出勤で大丈夫でした。ただそれだけなんですが、朝はかなりぐっすり寝たって感じでいつもよりはスッキリしていました。明日は店長が朝から出勤、店長休みの次の日はなにかと怒られるから気が憂い(苦笑)。でも頑張れ、明日行けば公休だぜ。

------------------------------------------------------------------------------
音楽記事、いきま~す。前回はこれまた素敵な音楽の贈り物となったMusiq Soulchildの最新作を御紹介致しました。そんなMusiq Soulchildとは直接繋がりはないんですが、まぁ新しめの作品という事でこの作品を。Macy Grayの最新作『Big』で御座います。

Macy Gray
『Big』
macy-bigcov.jpg



そのソウルやらロックやらが混じった感じと、顔に似合った癖のあるしゃがれ声張り上げる歌声がなんとも奇抜で、黒人ながらもなかなか手が出なかった感のあるMacy Gray(個人的感想)。それでも一枚は所持しているんですが、まだそんなに聴き込んでいないというのが正直な所。そんな中でのこの通算4作目の発売だったので、当初は購入をためらっていました。がしか~し、あのwill.i.amのレーベルからの移籍第一弾という事ですぐに購入しました(ジャケもかなり格好良いので)。
そんなこんなで勢いで購入した本作、勢いで購入して本当に良かったです(慧眼)。まず最初に断っておくと、当然ですがwill.i.amがほぼ全曲の製作を担当、だから雰囲気も今までのMacy Grayとはかなり違うハズです。幕開けに相応しい古き良き音楽を神々しく輝かせた①「Finally Made Me Happy」、製作はMacy Grayとwill.i.am、Ron Fairの三人で御座います。この曲には通にはたまらんであろうあのNatalie Coleがゲスト参加(驚)、サビでその綺麗な高音を聴かせてくれていて、Macy Grayのしゃがれ声と良い対比です(合致)。これまたどこか古めかしい匂いを感じずにはいられない②「Shoo Be Doo」はJared GosselinとPhillip White、そしてまたまたRon Fairが共同で製作を担当。この曲の後ろの“シューデュシューデュ♪”がたまらなく心地良い、Macy Grayの伸びやかな歌声も昇天モノです(快感)。続いてもJared Gosselin×Phillip White×Ron Fairのトリオが手掛けた③「What I Gotta Do」、ライトな仕上がりながらもキッチリと後味は残るミント曲。鼓笛隊の様なドラムの音から始まる④「Okay」はwill.i.amとJustin Timberlakeから成る製作チームJAWbreakersが製作を担当、どことなくThe Neptunesを感じさせる様な色々な音がゴチャ混ぜになったカラフルな一曲。バックボーカルにJustin Timberlakeも参加していて、彼の裏声が散りばめられていてそれがまたグッド。will.i.amが単独で製作を担当した⑤「Glad You're Here」はMacy Gray十八番のブルージーな一曲(深)、ここではBlack Eyed Peasの紅一点Fergieがゲスト参加、フックでのFergieの力強い歌声がよりこの曲に魅力を含ませているのは確実。⑥「Ghetto Love」ではwill.i.amが御得意のサンプリング技、James Brown「It's A Man's Man's Man's World」を下敷きに。トラックの持つドス黒さに負けじと、ここではMacy Grayが熱~い歌声でジワジワと聴き手を焦がします(真髄)。あとこの曲、あのTeedra Mosesがソングライティングで参加しています。爪弾くギター音から美しいメロディに転調する温もりある⑦「One For Me」はwill.i.amとRon Fairが製作を担当、Frank Sinatra「Dream」を下敷きにした夢見心地なトラックに合わせてMacy Grayが優しく歌います。Macy Grayによる途中々々の語りも楽しい⑧「Strange Behavior」はMacy Grayとwil.i.amの共同製作、しかし実は歌詞の内容は結構残酷、その分楽しげなトラックとのコントラストがたまらないのかな。⑨「Slowly」はRon Fairが単独で製作を担当、ちょっとカリブで南の島みたいな音が流麗でナイス、Macy Grayの歌声もこういう曲調でも充分に合っています。Justin Timberlakeの合図と共に始まる⑩「Get Out」はJAWbreakersによる製作、ロキッシュなトラックでJustin Timberlakeのフックも良いスパイスになっています。⑪「Treat Me Like Your Money」はwill.i.amとNoiztripによる製作、サンプリングにDead Or Aliveの懐メロ「You Spin Me Round(Like A Records」とRun DMC「It's Like That」を使用しています。ここでは満を持してwill.i.amがゲスト参加、弾けたラップを披露しています。あと国内盤いには恒例のボーナストラック、⑬「AEIOU」、⑭「Braekdown」、⑮「Me With You」の3曲が収録されています。⑬「AEIOU」はDamon Elliottによる製作曲、“AEIOU”ってのはやっぱり日本語の“あえいおう”から着想しているのかな。Jared GosselinとPhillip Whiteが製作を担当した⑭「Braekdown」では、Romikaなる女性シンガーがなかなか素敵な歌声を披露しています。哀愁漂う曇ったトラックがなんとも痺れる⑮「Me With You」はwill.i.amによる製作、最後を飾るに相応しい一曲。

いやぁ良かった、なんかMacy Grayを好きになりましたよ。will.i.amが製作を請け負っただけに、全体的にかなりまとまっていて、統一感があって聴き易かった。てかwill.i.amのトラックとの相性が抜群に良かった、Justin Timberlakeも加わったJAWbreakersも良い曲作っているね。僕が持っているMacy Grayのもう一枚、もう一度きちんと聴き込んでおかなければ(課題)。


恒例のVideo上映に参りますよ、今回は「Finally Made Me Happy」Videoで御座います。ちょっと綺麗になった(小奇麗になった)Macy Grayにも勿論注目ですが、後ろでピアノを弾くwill.i.amと途中で出て来るNatalie Coleにも注目ですよ~。再生ボタンをポチっとな。




Macy-Gray-u08.jpg

(プロフィール)
ティナ・ターナーの声を徹底的に潰したかのような“超ハスキー・ヴォイス”を披露するシンガー、メイシー・グレイ。その極限ソウルフルな歌声は、まるで心に溜める鬱憤をあますところなく叫び出しているかのようだ。ここまでアクが強いソウル・シンガーはその歴史的背景から鑑みても稀な存在だろう。
99年のデビュー・アルバム『オン・ハウ・ライフ・イズ』では、プロデューサーとしてアンドリュー・スレイターを起用。ソウル/ファンク/ロック/ヒップホップというような、多様なジャンルをミクスチャー感覚で自由に取り混ぜたサウンド群と、彼女の個性的かつ泥臭いヴォーカル・ワークが絡み合い、このアルバムはブルージー&エナジェティックな雰囲気を醸していた。仕舞いには、メアリー・J.ブライジやホイットニー・ヒューストンら大御所アーティストたちと並んでグラミー賞にノミネートされるなど、その才能が本物であることを公然と証明もした。
以降も、R&Bというカテゴリーからはみ出しまくった自由闊達なサウンド・アプローチで、彼女はシーンをサヴァイヴし続けている。もちろん、99年作『オン・ハウ・ライフ・イズ』→01年作『ID』→03年作『トラブル・ウィズ・ビーイング・マイセルフ』と順を追って聴いてもらえば判然するが、メイシー・グレイは時を経るごとに、新世代の歌姫たる卓越したヴォーカリゼーションにますます磨きをかけている。見た目うんぬんではなく、彼女はあまりにも力強く、そして美しい。
07年3月、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムが主宰するレーベル<ウィル・アイ・アム・ミュージック・グループ>より、自身4枚目のアルバムとなる『BIG』をリリース。同作にはエグゼクティヴ・プロデューサーとしてウィル・アイ・アム(当然か……)、BEPの歌姫ファーギー、ジャスティン・ティンバーレイクといった“BEPファミリー”の面々が参加。
引用:listen.jp

スポンサーサイト
  1. 2007/05/28(月) 23:38:45|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BEP大活躍の立役者 | ホーム | 愛と音楽と魂の子と>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://elleryqueen.blog19.fc2.com/tb.php/483-1160e1d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Queen

稀少な訪問者数

オススメVideo上映中

J. Holiday 「Bed」 The-Dream f/Fabolous 「Shawty Is A Ten」 Ja Rule f/Lil' Wayne 「Uh-Ohhhh」 Eve f/Swizz Beatz 「Tambourine」 Mario 「How Do I Breathe?」 Sterling Simms 「Nasty Girl」

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。